雨が降った時のテニスコートは丁寧に整備しましょう




テニスは非常に激しく走り回るスポーツです。
そのため雨のせいでテニスコートがぬかるんでいると非常に危険です。
スリップして転んだり、最悪の場合は骨折したりもしてしまいます。
そのため雨が降った後は適切に整備を行う必要があります。

テニスコートには様々な種類があります。
その種類によって、少しずつ整備の方法が異なるので注意が必要です。
ハードコートは雨に非常に弱いのが特徴です。
大変乾きにくいため、非常によく滑ります。
そのため、雨が降った時は丁寧にケアする必要があります。
テニスコートは水が亀裂等に浸透すると、大きく膨張してしまいます。
その結果、表面が柔らかくなってしまうのです。

そのため、できるだけ早く水分を取り除くことによってテニスコートが膨張するのを防ぐ必要があります。
もしそれが出来ないなら完全に乾燥するまでプレイしない方がよいです。

クレーコートは土でできているテニスコートです。
こちらはハードコートに比べると水はけが良いのですが、口の性質によってはなかなか水がなくならないこともあります。

グラスコートは土の上に芝が生えているコートです。
グラスコートは吸水性が非常に良いので、雨が降っても比較的早く良い状態に戻ります。
どのタイプのコートであったとしても、水が降ったときには丁寧に整備を行うことが最も大切です。

そのためには、水を取り除くための専用の用具を使うのが効率的で良いです。昔はそのような用具はなかったのですが、今では作っている会社があります。

Other page

Top