水取りローラーは重くて大変だけど



グラウンドに水たまりができてしまい、そのままではスポーツが出来ない場合には可能な限り水取りをすることは多いものです。
特に運動部ではできる範囲でやることをして置かなければ、雨の多い時期などは練習のチャンスが無くなってしまいますから、全員でグラウンドの水取りをするというところも少なくありません。

そのような時に水取りに巨大なローラーを使用して水たまりを吸い上げる方法がありますが、ローラーを使用する方法というのは範囲が狭ければ一度に水取りをサッと済ませることが出来ますから、便利なものですがグラウンド全面となるとローラーでは間に合わなくなってしまいます。

理由としてはローラーの場合には吸水した水を排出するのに、その度にグラウンド外に水を捨てに行かなければなりませんから、グラウンド中をローラーを転がして歩きまわらなければなりません。

そこで水取りに便利な道具が、ワンタッチ水取り「らくらく」です。 ワンタッチ水取り「らくらく」はローラーと同じようにスポンジで水を吸い上げる方法となりますが、水を捨てるのは網のついたバケツに押し込んで排水するだけなのでバケツを持ち歩けばその場で水を捨てることができます。

ある程度溜まってから、水をグラウンド外に運んで捨てることができるので効率が良く重たいローラーを何度もグラウンドの外に運ばずに済むので、ワンタッチ水取り「らくらく」を使用すればらくらく水取りをすることができるのです。

Other page

Top