草野球でもバットスタンドを利用してみよう




週末になると、各地で草野球を楽しんでいる人々の姿をよく見かけることができます。
各野球連盟によっても違いはありますが、ヘルメット着用を義務付けているような地域もあります。草野球の試合は、高校野球の公式戦などとは違い、公園のグランドであったり、河川敷の簡易的なブランドであったりすることが多く、設備といえばバックネットと簡易式のベンチだけといった状況も多々あるでしょう。

そこでお勧めしたいのが、バットやヘルメットをかけることができる折りたたみ式のスタンドです。簡単に折りたたむことが出来るので持ち運びにも大変便利です。
このスタンドは、タイヤが装着されているので、車からグランドまでバットやヘルメットを持ち運びする時にも大変重宝します。

特にバットは何本もあると非常に重いため、何人かで運ばなければなりませんが、このスタンドが1つあればバットを最大12個までかけることができますので、持ち運びに必要な労力も軽減できます。また、このスタンド自体が軽量で作られていますので、畳んで車から出し入れする際も負担になりません。ぜひチームに1台用意されてみてはいかがでしょうか。

便利さもありますし、ヘルメットやパットヘルメットやバットを地面に直接置かないで済みますので、土が付いてしまったりする汚れを気にしないで野球を楽しむことができます。
見た目も非常に良く価格もそれほど高くないので、大変お勧めできる野球グッズの1つであると言えるでしょう。

Other page

Top